酢 水虫

Image Replacement

酢と薬どちらが水虫に効果があるの?

薬と水.jpg

水虫を治した経験者の書き込み記事を調査して酢と薬ではどちらが水虫に効果があるのかを比較してみました。






「酢で水虫を治しました 」と「薬で水虫を治しました」の比較

≪病院の処方箋≫
爪水虫になり約2年間、皮膚科に通院して薬を飲み続けたました。最初のころよりは爪がきれいになりましたが結局、爪水虫は完治しませんでした。今では足を清潔にすることをこころがけています。


≪竹酢≫
竹酢を原液を使い水虫を治しました。寝る前に薄めの靴下を履いき足の甲から靴下がヒタヒタになるまで竹酢をかけビニール袋で覆いました。そのまま寝て起きると足がシワシワに白くなり爪は黄色くなりますが水虫は治りました。ただ竹酢はかなり臭うので休みの日におこない、臭いので家族にも断りをいれておいた方がよいでしょう。


≪病院の処方箋≫
わたしは病院に行って水虫のタイプに合った薬を処方してもらうのが一番だと思います。しつこい爪白癬ならなおさらです。水虫治療は長期戦になりましたが無理なく通える病院を選び治療を継続することが水虫を治すコツです。

≪竹酢≫
水泡状の水虫だったのですが、竹酢を薄めた竹酢液をかけると水虫はすぐに枯れて治ります。竹酢を使い始めてから水虫がひどくなった事はありません。


≪病院の処方箋≫
わたしは爪水虫をイトリゾールという内服薬で治しました。内服薬を処方してもらいパルス療法で7日間に集中してかなりの量の薬を内服し、次に3週間お休みをする治療法を続けました。3ヶ月続けた結果、一年後には綺麗な爪に戻りました。治療費が高価で治療日数もかかりましたが通院してよかったと思います。


≪お酢(穀物酢)≫
やっぱりお酢が効きます。 酢が漏れないようにビニール袋を何重にも重ねて、その中に少しお湯を入れてお酢を濃度を薄めます。そこに足を入れて足首をゴムで止めたら2時間そのままにして放置します。その後、足はふやけてしわしわになりますが3日間で水虫が治りました。少しにおいが残りますが効果がありました。


≪病院の処方箋≫
病院でもらった飲み薬を約6ヶ月間、飲んだ頃から水虫の症状が良くなってきて今は何でもありませんし、再発もしていません。少し不安なのは飲み薬の副作用で肝臓に負担がかかるかも知れないということです。


≪木酢液≫
木酢液に直接足を漬けるのが一番効いた気がしました。でも代償として、足は黒くなり木酢特有のにおいがすごかったです。


≪木酢液≫
木酢液が効果が一番でした。一発で痒みも止まるし、1週間も続ければ水虫もほとんど治ったも同然でした。


≪竹酢≫
わたしの場合、竹酢を薄めた竹酢液を水虫患部にふりかけました。水虫は再発しますが竹酢をふりかけるとあっという間に水虫が枯れます。病院に行く時間がないのでこの竹酢治療に頼っています。


≪木酢液と処方箋≫
水虫に感染した足を木酢液に2時間位つけるとすごくきれいになりました。あと皮膚科でもらった処方箋のぬり薬を根気よくつけて治しました。


≪その他の方法≫
洗面器にぬるま湯を用意してクエン酸を入れ溶かします。毎日5分間、水虫になった足を浸けました。結果かなり効いて水虫はなくなりました。


≪その他の方法≫
5本指靴下に変えて1ヶ月間試してみました。自分でも驚くほど水虫が良くなりました。頑固な水虫の場合は、薬を塗って5本指靴下を履くと良いです。

≪その他の方法≫
水虫でかゆみがひどかったのですが、アルカリイオン整水器から出る酸性水に患部を浸していたら水虫の症状は改善しました。




酢と薬どちらが効く?結果発表

hikaku2.jpg

結果、酢にも薬にも水虫を治す効果があることがわかりましたが、水虫治療法としてどちらが正しいとは判別できないということが極論です。

ただ水虫の治療法にはそれぞれの特徴があります。




病院の処方箋の特徴
・水虫のタイプを特定した集中治療ができる
・じっくり時間をかけて治すので長期間治療が必要
・肝臓などに負担をかける薬の副作用の問題
・治療費が高額



酢を使った水虫治療の特徴
・短期間で効果が現れることが多い
・治療費が安い
・酢は基本的に無害
・使用法を誤ると皮膚を痛める
・酢独特の刺激臭がくさい


これらの見解とは別に市販薬の効果も気になりますが、市販薬は軽度の水虫にたいしては効果があるようですが、中度・重度の水虫には効果がないという意見が多かったです。

書き込みにもありましたが、病院の処方箋と酢の治療法を組み合わせるという方法も水虫を早期治療するうえでのアイデアではないでしょうか。特に爪水虫のようなしつこい系のタイプは処方箋を内服しながら、自宅で酢による治療法を並行して行なうことは効果的だと思います。

さらに書き込み内で目立たないくらいの行数でしたが、クエン酸の水虫治療の効果も皮膚に負担が少なく、一般的な酢のような刺激臭もなく話題の水虫治療法になっています。